得する中古マンションの購入とリフォーム 

3,200万円の見積りを、1,600万円で新築。リフォームも半額で出来た方法(写真付き)

なんといっても安い中古マンションを買うという選択肢。リフォーム前提なら新築よりも希望の物件になる可能性大です。どうですかこんな提案は?

サイトマップ

信頼できるリフォーム依頼先を選ぶ

施工事例、保険の加入、アフターサービスなど

リフォームの会社は、千差万別です。



どの会社も均質で安心できるというわけではありません。

信頼できる会社を見極めることは大切なことです。

リフォーム会社の良し悪しを判断する客観的な材料はたくさんありますが、主観的な判断材料として挙げられるのは、過去に実際にリフォームした「施工事例」です。

過去にリフォームにした人は、その結果に不満があった場合、依頼した会社の施工事例として紹介されたり、見学者の訪問を受けたりするのを嫌がるものです。

ですから、紹介される「施工事例」はある意味、依頼主が満足している事例でもあるのです。

「最近のリフォーム事例を見せてください」といって、こころよく写真や実物を見せて貰えるかどうかは、大きな判断材料となります。

また、「施工事例」はその会社の得意分野や実績を知る助けになります。

「最近のものは撮っていない」など、難色を示すようなら、考えものです。

客観的な判断材料としては、「建設業の許可」「業界団体への登録」「保険の加入」「アフターサービス」などが挙げられます。

工事中には、トラブルもあり得ます。

不測の事故で室内や共用廊下に傷がついたりした場合、リフォーム会社が保険に加入していれば補償はスムーズですが、加入していない場合は誰がどう負担するのかなどで、リフォーム会社や管理組合などど揉めることも考えられます。

また、入居後に不具合が生じたときも、アフターサービスが万全な会社であれば、無償で修理をしてもらえるでしょう。

このように住み心地にも影響してきますので、しっかり確認をしてください。


依頼先のスタッフが信頼できるか

最終的には、依頼先のスタッフと信頼関係を築けることがポイントとなります。

リフォームを依頼する側のニーズを把握して、プロとしてコミュニケーションがきちんととれる担当者でなければ、言った言わないといったトラブルが起こりがちです。

依頼先のスタッフをチェックすることも重要です。

また、その会社のチーム体制なども信頼性を判断するうえでの目安になります。

下記のような専門家スタッフがいるか、専門家はどういう形でリフォーム工事に関わるのかなど聞いてみてもいいでしょう。

バリアフリーにしたいとか、省エネ対応にしたいなどの特別の要望がある場合は、依頼先に専門知識がある人がいたほうがスムーズですから、その点も確認してみましょう。

加えて、リフォーム工事では、木工事、左官工事、塗装工事、電気設備工事などの様々な工事が段階的に入ります。

したがって、工事の節目ごとに図面通りに施工されているかを点検する「施工監理」の役割が重要になります。

誰がいつ点検するのかなども確認しておくと、精度の高い工事を進める体制ができているかが分かります。

1級・2級建築士 建築士法で定められた資格で、新築・リフォームを問わず一定規模以上の建築物を設計・工事監理するのに必要な資格です。
取り扱える建物の規模によって、「1級建築士」「2級建築士」「木造建築士」の3つに分類されます。
マンションリフォームマネージャー 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが行う試験に合格し、登録された資格者です。
マンションの特性とその制約に関する知識があり、リフォームプランのほか、管理組合等との調整や、工事施工者への指導・助言など、マネージャーとしての役割を担います。
増改築相談員 住宅の新築工事またはリフォーム工事に関する実務経験を10年以上もち、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが企画したカリキュラムの研修会を修了し、考査に合格した人が同センターに登録されます。
リフォーム工事の設計・施工・見積もり、公的資金の融資、高齢者に対するリフォーム、耐震性向上リフォームなどの専門的な知識と経験をもっています。
インテリアプランナー 財団法人建築技術教育普及センターが認定する資格で、インテリアの企画設計から工事監理までを行います。
設計や施工にまで関わる点がインテリアコーディネーターとの違いといえます。
インテリアコーディネーター 財団法人インテリア産業協会が認定する資格で、インテリア空間を構成する床や壁・天井・カーペット・照明・家具・カーテン等々の素材や色、デザインを選んだり、組み合わせたりしてコーディネートする室内装飾の総合アドバイザーです。
福祉住環境コーディネーター1級・2級・3級 東京商工会議所が検定する資格で、高齢者や障害者に対して住みやすい環境を提案するアドバイザーです。
医療や介護の知識、建築の知識に加え、福祉用具や福祉行政施策・制度などに精通し、利用者に最もふさわしい住宅改良や、受けられる助成金・サービスについてもアドバイスしてくれます。
建築設備士 建築士法で定められた資格で、建築設備全般についての知識や技能をもち、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行います。

榊淳司の中古マンション値引き交渉術【ノウハウ編】
日本人は新築好き
新築だけを探しても希望の住まいに会えない
見た目で判断しては中古の良さに気づかない
古さへの不安はリノベーションで解消
中古+リフォームで満足度の高いマイホーム
リフォームを前提にすれば新しい買い方ができる
中古マンションを賢く買うには戦略が必要
マンションの年代別の特徴を知る
築浅のマンションでプチリフォーム
築古マンションで全面リフォーム
リノベーションマンションを買う
希望条件の整理と市場相場
物件価格とリフォーム費用
リフォーム費用はいくらかかる?
リフォームで何を重視するか
現況を見てリフォーム費用の目安をつける
購入の手順、リフォームの手順
リフォーム依頼先はいつ決める?
リフォーム依頼先を探して絞り込む
信頼できるリフォーム依頼先を選ぶ
相見積もりで比較
長く快適に暮らせるマンションの条件
マンションの基本用語
構造上リフォームできない部分
専有部分と共用部分
マンションのルール
マンション構造でリフォームしやすさは違う
フローリング、水回りは騒音トラブルに注意
不動産会社の選び方
信頼できる不動産会社・営業マンの選び方
不動産広告の見方
1日2物件実際に歩いてみてみる
マンション強度は見た目でチェック
管理の良し悪しは念入りチェック
インターネット常時接続?
こんなマンションはやめておこう
買うマンションを決めてから契約するまでの注意点
プロの物件チェック術
メーターボックスを見る
給湯器のタイプをチェック
給排水管も改修?
キッチンやトイレに換気扇があるか
エアコンを全ての部屋に設置できるか
床や壁の仕上げも要チェック
管理事務所で入手したい情報
買うにもリフォームにも必要な諸費用
いついくら払うの?
リフォーム費用に住宅ローンは使える?
ローンの金利タイプの違い
自己資金を増やす
ローンを借りたら税金で取り戻す
自治体の助成制度も確認
子育てに追われて多忙な建築のど素人の主婦にも出来た!!大幅値引きを引き出した住宅新築、リフォーム値引き・価格交渉術とは?
リンク集
榊淳司の中古マンション値引き交渉術【無料相談付】
実録!サラリーマンの私が中古マンションを市場価格より400万高く売却した裏技

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
銀行 借り入れ 金利





























得する中古マンションの購入とリフォーム All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。